« らいすさんとセショーン | トップページ | 生存報告くらい、、、 »

[sax]レッスン覚書

9/26 テナー

・ロングトーンの留意点
音域による息の角度、スピード、発音イメージ
(下は角度を下に、上は角度を上に。高音域ではスピードが大事)

口内の形/サイズによって、現在鳴っている音が変化

倍音が乗る(楽の吹いても抜ける)場所を探す。見つかったら無意識に通常演奏でそこに来る様に。(基本音質の充実・向上)

口の中もマウスピースという意識で

アムブシュア-腹式呼吸-息の(音域に対応した)角度
これらが揃うと音が変わる

ソロ中でもこういう音が出せる様に。

#おまけ テナーのフラジオ運指

High-G(Kojuスペシャル)
左手B+Oct
右手A#+HighF#

A
左手G、A(B抜き)+右手任意
一般的なもの

B
左手G,A,B(即ちGと同じ)
難しい。出来ればA-Bと滑らかにつながる。ブレッカー系トーンダシヤスス



9/13 ソプラノ
通常イメージよりタンギングする場所が奥
ルー/トー のイメージ

楽器の形状上下を向くのは仕方ないが、ノドを潰さないこと
「いー」という発音が潰れるか潰れないか

G以下は当り難い。ひたすらツボの探索を。

|

« らいすさんとセショーン | トップページ | 生存報告くらい、、、 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [sax]レッスン覚書:

« らいすさんとセショーン | トップページ | 生存報告くらい、、、 »