« のそのそと復活 | トップページ | [音と薬]最近のキモイ »

[機材]Mackieのミキサーレビュー

僕のMS1202VLZProとSHOZOたんのOnyx1220を聞き比べる機会があったので、ちょこっとレポなど。

●MS1202VLZPro(7年落ち)
MS1202はなんというか、ドンシャリ?
けっこうイケイケな音がします。低域が凄く好み。
高域もしっかり出てます。

中域は比較すると分布的に少ないかな、って程度で、薄いわけではありません。

不満点はコントロールルームアウトとヘッドホンが独立してないこと。不便すぎOTL

この音質とこのサイズは魅力ですね。
あと、多少接触はわるいもの、こんだけの年月頑張ってくれてるというのは非常に有り難いです。買った当時、ベリが出た後に「なんでこんな高いの買ってしまったんだ」とか愚かな事を考えましたが、知人のベリの経年変化から伺うに

どう見てもマッキーの方が安上がりです。
ありがとうございました。

#(ぉ

●Onyx1220
低域のむっちり感はVLZProに譲るものの、中~高域の密度と情報量は多く、現代っぽい。あからさまにそういうハイビット・ハイレートソースのニーズに応えてきたって感じが伺える。

モニター/ヘッドホン独立ボリュームはかなり良し。というか、これが欲しい(ぉ

あとEQが良い。かなりいい。でもこれ高域12kなんだよなー、10kと切り替えとかならもっと使えるのに。

それと、意外とトークバックが使える(w
録りの時なんかは歌い手や奏者は基本的に密閉型をしているわけで、同じ部屋でさえ、話しかける際にオケなんか流れてるとすぐに伝わらない事が多々ありますが、そういった局面で非常に重宝する。最初12Chなのにトークバックなんていらねーwとか思ってたんですけどね(笑

ぁと、FWオプションはあまり実用的ではなかったご様子。
VSTiリアルタイム演奏でプチプチいったとか。


結論としては、僕はMS1202VLZProが健闘してくれたのが思いのほかびっくりで、これは単純に優劣つけられんなと思いました。あの低域はなんというか、うちのサウンドをかなり支配していたような感じすらします。
結局、コストパフォーマンスでいくとすげーいいんじゃ、、、とか思ったり。

|

« のそのそと復活 | トップページ | [音と薬]最近のキモイ »

コメント

Hot sexy porn projects, daily updates
http://talkandsex.sexwith.xblognetwork.com/?mikayla

inhuman porn galleries videos pussy video porn movies pornhub free porn movies with big dicks naked airsoft porn popin cherry porn

投稿: mariannedy4 | 2019年10月19日 (土) 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [機材]Mackieのミキサーレビュー:

« のそのそと復活 | トップページ | [音と薬]最近のキモイ »